最近流行りの・・・

2017年5月14日 § コメントする

3優等ってやつ。Pershing乗っていたら取りました。

取りましたと言うよりは、取れちゃいました、の方が正しいですね。
本当に久々に乗りました。「確か優等90%は超えていたよな」と思って乗って
4ケタダメージもいかなかったもんですから、「優等下がったかなー」と思い
別の戦車に乗り換えてその戦闘終了後にびっくり。
嬉しさよりも先に驚きで、PCの前で10秒ほど固まっていました。マジで。
目からウロコってこういうことを言うんだなと実感しました。
KR鯖民が移ってきてからと言うもの、優等の基準が下がる現象があるので
恐らくはその影響かなと思っていますが、それでもこうもあっさり取れちゃいますか。


しかも96%にまで上がっていて更にびっくり。1戦でショボ沈しただけで
5%もあがりました。
Twitterでの3優等報告もしましたので、イキリ戦車兵の仲間入りです。

久々きょてんてん

2017年4月30日 § コメントする

以前はよくクランで集団戦をしていましたが、かれこれ1年位は
集団戦をしていませんでした。燃え尽きた感もありましたし、イン率が
下がってしまったのもあります。

昨日は何を思ったか久々にAISAクライアントを起動し、まずランダム戦。
その後、野良TB感覚で拠点戦を押してみたら日本人クランと思しき
拠点戦が立っていたので軍団員として参加させて頂きました。
Tier6拠点戦で、そのクランの連携が素晴らしくなんと9勝0敗。
そのクランのメンバーの間ではVCをつけていたんでしょうが、僕を含めて
3人いた軍団員は恐らくVCを聞いていないはず。
それで9連勝ですからね、素晴らしいことこの上ない。
僕はと言うとせいぜい500ダメージほどしか出しておらず、いてもいなくても
さして変わらない役でした・・・。でも楽しかったですよ。

Twitter等で「Tier6拠点は回転率重視」なんて言われていますが、
その理由がわかった気がします。快速編成でもってキャンプせずに戦場を駆け巡り、
ポコスカ撃ち合って万単位の黒字を出す。実質作業ゲーです。
極端に言えば、何も考えること無くただWキーと左クリックを押していればいいので
脳筋の僕にはピッタリ。
集団戦メインのクランに入ってもイン率の関係で蹴られると思うので、
気が向いた時に軍団員として拠点戦を楽しめればなぁ~と思っています。

文句ばかり言っても始まらないので

2017年3月30日 § コメントする

引越などゴタゴタがあって最近はゲームはおろか配信視聴すらままならない日々でした。

どんな議論においても、不平・不満をたれてばかりでは建設的な議論は
出来ないもんです。自走砲に関する議論でも同様です。
1つ前のエントリーで、自走砲の問題点・自分がどう思っているかを書きましたが、
「じゃあお前は結局どうしたいの?」っていう最も大事な結論が欠けていたことに
今更ながら気づきました。

結論から言えば、
「プレイヤー側に自走砲がいる戦場、いない戦場を選択する権利を与える」
ってことです。
最近のアップデートを鑑みてもT92のリネームとか、CGCのHD化等々、
WG側で自走砲を完全に消すという考えがないように思えます。
自走砲を消さないならせめて、他の車種とは一線を画す自走砲のいる・いないを
プレイヤー側に選ばせてくれよ、と。

①プレミアムショップで30日や90日のように、期限を定めて自走砲のいる・いないを
選択する権利を購入させる(プレアカのようなもの)。

②クライアントの設定画面に「自走砲がいないマッチングにする」
というチェックマークをつける。

っていう方法が現実的かなと思います。
マッチングからあぶれた自走砲には、15vs15、ティア制限なしの自走砲のみの戦闘
をさせましょう。ミッテンガルドで直射合戦をするもよし、
平原マップだったら304辺りに偵察させて他が撃つのもよし。
それはそれで面白いと思いますよ。

・自走反対派からすれば、自走砲がいない戦場を自由に選べる。
・自走擁護派からすれば、ゲーム内にちゃんと自走砲が残る。
・WGからすれば、金儲けの手段が増える。
・自走が嫌で離れた人が戻ってくる。

一石二鳥どころか、一石四鳥なんです。
アンチ自走砲の流れを逆手に取るビジネスモデル、アリだと思うんですが。

CS:COをしてみたい

2017年3月13日 § コメントする

“G”Oではありません。”C”Oです。
正式名称は『Counter-Strike: Classic Offensive』で、
CS:GOのMOD版のようなものです。

以前、CS1.6とCS:Sが共存していた時期、『CS:Promod』(CSP)という
1.6とCS:Sをかけ合わせたようなMODがありましたが、それと似たようなものです。
CSPのブームも下火になってしまいましたが・・・。

何が良いかと言ったら、往年の名作・CS1.6感覚でプレイ出来ること。
2013年辺りからCounter-Strike大会のメインストリームは
CS1.6からCS:GOへと移行しましたが、1.6にはまだ根強いファンがいるのも事実。
CS:GOの現代的なグラフィックはそのままに、
CS1.6の競技性の高さをどれだけ再現できているのか気になりますね。

忙しさにかまけて更新してませんでした

2016年7月19日 § コメントする

で、最近はスマホでクラッシュフィーバー(クラフィ)というゲームをしています。
『半沢直樹』で小木曽次長役だった緋田康人さんが出演するCMが妙に頭に残ってましたし、
(おっ、ワイの名前が入っとるやんけ)ってことでプレイしています。
特にIGNである「fever」って単語に思い入れはありませんけども・・・。

YoutubeではCMがウザいとか聞きますけど、ゲーム自体は楽しいですよ。
僕みたいな脳筋でも楽しめるくらいです。

CMですらウザさ満点のサラリーマン役をこなせる緋田さんが凄いし、
その役柄のイメージを定着させたであろう『半沢直樹』の影響力も健在ですね。

当分の目標は月1ペースで開催されるランキングクエストでもって5000位以内を
3回連続で取ってランカーの称号を得ることです。

WoTでも意識低かったんですけど、クラフィでも意識低いんです。

鋼鉄の壁 #とは

2015年9月2日 § コメントする

50 100でMバッジを取得しました。ついでに言えば、鋼鉄の壁も貰いました。
弾いたダメージが大したことなかったので、
耐えたというより弾を受けまくったという方が正しいですね。
リプレイはこちら

shot_001

shot_002

shot_003

パディング戦車 AMX M4 45 爆誕

2015年6月15日 § コメントする

リプレイはこちらから
Tier8 Matching
Dmg:4152
Exp:1310(Standard)

巷で噂の埼玉ティーガーです。

・105mm砲APCRの高DPM
・正面俯角10度の圧倒的地形対応力
・そこそこの機動力

これさえあれば問題なしって感じかなぁ、と。
相手のDPS小隊を見た瞬間ゾッとしましたが、勝てました。

某ショボチン王さんが案の定ショボチンかましてて安心しました。

Where Am I?

のーせんす ぷあ すきる未分類 カテゴリーを表示中です。